宮崎県ソフトテニス 連盟からのお知らせ
宮崎県ソフトテニス 大会日程と要項
宮崎県ソフトテニス 大会申込書のダウンロード
宮崎県ソフトテニス 日連登録について
宮崎県ソフトテニス 審判、技術等級について
宮崎県ソフトテニス 大会・競技規則
宮崎県ソフトテニス 過去の大会結果
宮崎県ソフトテニス よくある質問
宮崎県ソフトテニス 高校部会
宮崎県ソフトテニス 中学部会
宮崎県ソフトテニス 小学部会
宮崎県ソフトテニス レディース
宮崎県ソフトテニス シニア
宮崎県ソフトテニス 県内支部情報 支部主催大会結果等
日本ソフトテニス連盟TV 全都道府県

公認審判員制度について
日本連盟及びその支部が主催する大会が円滑に運用され、その権威が保持されることを目的として公認審判員を置くことになりました。

宮崎県ソフトテニス連盟では、ルールを厳守して正確な審判ができるよう、平成26年11月に日本連盟が開催した「全国審判員指導者研修会」の内容を広めていくために、ジュニアから一般までを対象とした審判員講習会を開催しています。



公認審判員の区分
(1)  マスターレフェリー 50歳以上の人格見識に優れた者で、1級審判員の終身の資格を持っている。
大会のレフェリーとして、審判に関することを統括してその責を果たす知識と能力を有する。
一方、ハンドブックに精通し、2級審判員及びジュニア審判員の指導及び要請を行う能力を有している。
現在、県内の取得者は11名である。
(2)  マスターアンパイヤー 50歳以上の人格見識に優れた者で、2級審判員の終身の資格を持っている。
現在、県内の取得者はいない。
(3)  1級審判員 大会のレフェリーとして、審判に関することを統括してその責を果たす知識と能力を有する。
一方、ハンドブックに精通し、2級審判員及びジュニア審判員の指導及び要請を行う能力を有している。
6年ごとに、日本連盟の指定する研修会に参加して審査を受けている。
現在、県内の取得者は16名である。
(4)  2級審判員 満15歳以上(高校生以上)であり、大会のアンパイヤー(正審、副審、線審)として、その責を果たす能力を有する。
6年ごとに、県連盟主催の講習会に参加して更新する必要がある。
県外大会のほとんど、又県内の一部の大会でも資格取得が必要となっている。
(5)  ジュニア審判員 小学生及び中学生であり、大会のアンパイヤー(正審、副審、線審)として、その責を果たす能力を有する。
小学生は、県外大会はほとんど資格取得が必要となっている。



平成29年度 2級審判員講習会 日程
期  日 会  場 対象者
(1) 7月2日(日)済 佐土原体育館 新規(一般、高校)
(2) 8月3日(木)済 県総合運動公園 高校1年生(新規、移行)
(3) 12月10日(日) 都城市 新規及び更新(一般、高校)
(4) 1月14日(日) 高鍋町体育館 新規及び更新(一般、高校)
(5) 1月21日(日) 延岡市 新規及び更新(一般、高校)
(6) 日南市は未定 *大学生は一般扱い

講習会内容 (1)、(3)〜(6)
受  付  :  8:00〜
規則説明  :  9:00〜10:30
DVD視聴  :  10:40〜11:10
筆記試験  :  11:10〜12:20
(昼食休憩)  :  12:20〜13:00
審判実技  :  13:00〜15:30
※(2)は午前が講義、午後が大会中の実技指導

費用(経費) 認定申請料 受講料
新規 一般 3,000円 1,000円 4,000円
新規 高校 2,000円 500円 2,500円
更新(一般) 2,000円 1,000円 3,000円
移行(高校生) 1,000円 500円 1,500円
※受講料は受講できない場合も必要

持参品
ハンドブック、筆記用具、ラケット、シューズ(室内用又は室外用)、昼食

認定者への配布物
認定証、ワッペン

申込・問い合わせ先
・FAXによる申込 (0983)33−1316 高橋重男宛
・個人用申込書を使用 ※別紙
・県連盟審判部長 高橋 重男 090−9593−4331



平成29年度 ジュニア審判員講習会 日程
期  日 会  場 対象者
(1) 6月25日(日)済 西都市民体育館 小学生
(2) 12月23日(土) 佐土原体育館 小学生
※中学生の講習会は予定がない。

講習会内容
受  付  :  8:00〜
規則説明  :  A班:9:00〜10:30  B班:13:00〜15:00
筆記試験  :  A班:11:00〜12:00  B班:15:00〜16:00
(昼食休憩)  :  12:00〜13:00
審判実技  :  A班:13:00〜16:00  B班:9:00〜12:00

費用(経費) 認定申請料 受講料
1,000円 500円 1,500円

持参品
ジュニア用ハンドブック(当日配布)、筆記用具、ラケット、シューズ(室内用)、昼食

認定者への配布物
認定証、ワッペン

申込・問い合わせ先
・県連盟審判担当理事 末永タマキ 宛
・団体ごとに申し込む
・080−6430−4191



技術等級制度について
ソフトテニスを愛好する者に自己の実力を確かめ、更に技術を向上するための目標を与えることを主な目的として技術等級制度があります。



技術等級の区分
(1)Master (Ma) (2)Expert (Ex)
(3)Senior Expert (S−Ex) (4)Specialist (Sp) (5)Senior Specialist (S−Sp)
(6)1級 (7)2級 (8)3級 (9)4級

(1)は、(2)〜(5)保持者の中で、特にソフトテニス界に功労のあった45歳以上の者とし、支部からの推薦に基づき、日本連盟の選考によって認定する。
(3)、(5)は、各種大会における年齢種別が45歳以上の部に適用される。



技術等級の認定方法
検定基準に定める検定と、大会実績に基づいてその年度内に申請のあった者を、日本連盟が認定する。
上記6の(2)〜(5)は、大会実績のみで認定する。(6)〜(9)は、検定会又は大会実績で認定する。

■検定会による認定
現在、県連盟主催の検定会の予定はありません。

■大会実績による認定
種別、大会による認定基準は別紙のとおり。



認定登録料金
(2)Exper 9,000円  (3)Senior Expert 9,000円
(4)Specialist 6,000円
(5)Senior Specialist 6,000円
(6)1級 3,000円  (7)2級 2,000円
(8)3級 1,000円  (9)4級 1,000円



認定者への配布物
認定バッジ



申込・問い合わせ先
技術等級部長 今西 耕二 宛
090ー9079ー3192



平成28年度 審判・技術等級について